補聴器の選び方ナビ
「補聴器」は、加齢や様々な原因で衰えた聞こえを補い、「会話の聞き取り」をサポートする大切な道具。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低音が聞こえにくいとき 補聴器で・・・
それぞれに適した用途や特徴がありますので、

その人の聴力レベルや補聴器を使用する環境に適した補聴器を選ぶことが大切です。


新設計の回路により、周囲の状況に合わせて音の大きさと聞き取り微調整が自分でできます。

そのため、他の人が使っていて「きこえ」のよい補聴器が自分にとっても「きこえ」がよい補聴器であるということではありません。



磁気ループが設置されている場所では、「マイク・磁気ループ切替スイッチ」をTにして使用すると、離れたところにいる話し手の声がはっきりと聞こえます。

世界の補聴器メーカー

デジタル補聴器開発の費用が多額になるためメーカーの集約化が起こっている
主要6グループ(市場占有90%)


スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

copyright © 2005 補聴器の選び方ナビ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。