補聴器の選び方ナビ
「補聴器」は、加齢や様々な原因で衰えた聞こえを補い、「会話の聞き取り」をサポートする大切な道具。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
補聴器の選び方の基本です。
補聴器は難聴の度合いに合わせて選ばなくてはいけません。
まず、耳鼻科で聴力検査をして、どの音域が聞えにくいのかを調べ、周波数を合わせて、補聴器適合をするのが大切です。
 最近は補聴器も小さいほうが目立たなくていいのですが、使い勝手に問題がある場合もあります。
例えば、耳穴式の物が目立たなくていいと作っても、スイッチが小さく、指の運動機能が衰えた高齢者では調節できない場合もあります。
こんな場合はそのほかの補聴器を選びましょう。
補聴器は眼鏡と違って付けてすぐ使いこなせるものではありません。ある程度使い勝手が分かるには、努力して、勉強して、使う時間を増やしていく必要があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 補聴器の選び方ナビ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。