補聴器の選び方ナビ
「補聴器」は、加齢や様々な原因で衰えた聞こえを補い、「会話の聞き取り」をサポートする大切な道具。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
補聴器と加齢難聴の種類
 要因が、加齢による難聴の場合、高音域から聞こえにくくなり、左右の聴力が同じレベルで低下していくのが特徴です。
 ところが、そんなときでも、母音を聞き取る力はそれほど低下しないので、難聴であることが、自分ではわかりづらく、そのため、本人よりも周りの人が先に気づく場合が多くなります。

以下は難聴の種類です。

伝音声難聴
中耳炎や鼓膜の破損で、外耳から中耳の障害が原因です。医学にな治療可能とされています。

感音声難聴
内耳以降の感音器の障害が原因です。加齢とともに聞こえにくくなったり、長時間騒音のある場所にいることによる聴覚障害です。
一般的に医学的に治療はこんなんで、聴力の改善は困難とされています。

混合性難聴
感音声難聴と伝音声難聴の両方の症状をいいます。

 耳も眼と同じように左右どちらかのみでは、使ってるほうに極端な負担がかかるので疲れやすくなります。
 快適な「聞こえ」を得るためには、左右のバランスが必要になります。 人間の脳の構造からすると、両方の耳から入ってくる情報に基づいて、
 右脳と左脳がそれぞれの働きをします。そのため、片耳装用より、騒音下での聞き取りが容易になります。
また、音の方向感覚がつかみやすくなり、立体感のある音質で聞くことが出来るようになります。
スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 補聴器の選び方ナビ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。