FC2ブログ
補聴器の選び方ナビ
「補聴器」は、加齢や様々な原因で衰えた聞こえを補い、「会話の聞き取り」をサポートする大切な道具。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルとアナログの違い
補聴器は簡単に言うとマイクから入ってきた音をアンプで大きくし、その音を加工・調整してレシーバー(イヤホン)から出すというしくみになっています。聞こえを補うためには、入ってくる音を単純に大きくすればいいというわけではありません。高音域が聞き取りにくい人、低音域が聞き取りにくい人など、それぞれの聴力に合わせて音の調整が必要になります。そのため、補聴器の内部では、さまざまな処理が行われるわけですが、デジタル補聴器はこの処理を高性能の内蔵コンピュータで行い、より綿密で正確な調整を可能とします。
たとえば、アナログ補聴器の場合、相手の声と一緒に周りの雑音なども大きくします。しかしデジタル補聴器の場合は、聞きたい「声」だけを大きくしてくれますので、言葉がより明瞭になり、スムーズな聞き取りができるのです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 補聴器の選び方ナビ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。